春のミッドパークヨガ【六本木】

渋谷からバスで六本木へ

渋谷からバスに乗って六本木へ。

今宵はミッドタウンのパークヨガに参加することにしました。

ミッドタウンのパークヨガ

春のミッドパークヨガ【六本木】|たまさんぽ

六本木ミッドタウンのミッドパーク。

私はここの公園も大好きです。なんなら赤坂から坂道を回りここの裏手に出て、全容を確認したこともあるくらいです。檜公園というのですよね。

この辺りは案外起伏があって、東京って平らではないんだなと感じる一角かと思います。

春のミッドパークヨガ【六本木】|たまさんぽ

さて、ミッドタウン。

この天井の高い感じも気持ちが良いです。地下階にあるスーパーでお水を購入、ミッドパークヨガに備えてから、ミッドパークに向かいます。

昼間は暖かくなったとはいえ、朝晩はまだ少し冷える春真っ盛り。

集まった人たちも軽めの上着を着込んでいました。

春のミッドパークヨガ【六本木】|たまさんぽ

入口に並び、初回は同意書&アンケートに記入して期間のフリーパスをいただきます。

もう一つの入口では、ミッドパーク特製のピクニックシートも300円で販売しているので、手持ちがなくても参加することができます。

私は秋のミッドパークヨガに参加することが多いのですが、春は芝生が青々としていて、その香りが素晴らしいなと感じます。

秋の場合は、夏の暑さを超えた涼しさを感じ、虫の音を聞きながらのパークヨガになりますが、春の息吹の香りとちょっと冷えた空気感も身体に響きますね。

春のミッドパークヨガ【六本木】|たまさんぽ

撮影禁止のため夜景しか撮れませんでしたが、この少し冷えた夜でも、丁寧に動き始めて身体が開き始めると、内側からの発熱を感じることができます。

昼間との気温差のせいか、夜空を見上げると、雲がぐんぐんと流れていました。

ヨガが始まる前、芝生に敷いたシートに寝転び、空をただただ眺めていたときに、隣のお友達同士らしき方々が、以前パークヨガに参加した時には本場インド人の講師がいらしたようで、ポーズがとても真似できるレベルじゃなかったという話を漏れ聞いて、なんだか吹き出したりしてました。

そんな回にも参加してみたい笑

オープンな場でのヨガのせいか隣の知らないひととも挨拶がしやすく、もちろんそんなコミュニケーションにわざわざ挑まなくとも、自分なりにこの季節感を身体目一杯に味わうことだけに集中することができるような、それぞれであって良い場だと思います。

私は4/19日の満月を経過して、なんだかオープンな気持ちの状態なので、勝手に隣の人の話に笑ってしまうモードだったりしています。

ヨガが始まり、冬から初春にかけて縮こまっていた身体を空や大地に向けて開いていきます。

まだまだ固いなとも感じながら、空と、春の冷気と、流れる雲、ふかふかな芝生に囲まれながら、1時間のヨガを終えました。

寒くて飲みたくないかもと思っていた水も、動くごとにするりと飲めるくらいに、身体が伸びていきました。

とはいえ、やはり少し冷えた身体を温めるべく、一緒に来てくれた同僚の子たちとラーメン屋さんへ。

あふりも気になったけど、一風堂に決定です。とんこつスープが染み渡る!

身体を動かした後なので素晴らしく美味しいです。帰宅路の風景も鮮やかに感じるのでした。

ヨガの後のプチ夜さんぽ

春のミッドパークヨガ【六本木】|たまさんぽ

とはいえ、やはり少し冷えた身体をあたためるべく、一緒に来てくれた同僚の子たちとラーメン屋さんへ。あふりも気になったけど、一風堂に決定です。

とんこつスープが染み渡る!身体を動かした後なので素晴らしく美味しいです。

帰宅路の風景も鮮やかに感じるのでした。

目覚め良い朝のTINTO COFFEE

家に着いてなんだかんだと過ごし、横になってからはスッと入眠。

温まり伸びた身体のおかげか、翌朝は軽快な目覚めで早起きしたので、出社前に大好きなTINTOのカプチーノを買いに出かけたのでした。

RECOMMEND GOODS