女神湖から車山、秋のビーナスライン

女神湖から車山、秋のビーナスライン|

朝のうちは晴れ。女神湖

女神湖から車山、秋のビーナスライン|ホテルアンビエント

朝は快晴。でも午後から雨とのこと。

女神湖から車山、秋のビーナスライン|

ホテルのバイキング朝食をいただきます。お蕎麦もついてるのが嬉しいです。

女神湖から車山、秋のビーナスライン|湖畔をさんぽ

チェックアウトして、晴れてるうちに湖畔をさんぽしました。

女神湖から車山、秋のビーナスライン|女神湖

風はヒヤリと冷たく、でも日差しがあるので暖かさも感じることができます。優しいフォルムの蓼科山も秋の空につつまれています。

この湖はシンプルで、ボート遊びなんかが有名ですが、どうやら藻がたくさん生えてるようで、例え暖かい時期でも落ちたり泳ぐのは厳禁です。藻が足に絡まってしまい、溺れてしまうとのこと。

女神湖から車山、秋のビーナスライン|女神湖

女神湖畔は一周してもほんの30分くらいで、ホテルの朝食につく、テイクアウト式のコーヒーがあると最高ですね。一周後、女神湖スケートセンターで地元の味噌や51ワインのワンカップなどを購入。

女神湖から車山、秋のビーナスライン|女神湖

再び外に出ると少し雲が増えていて、向こうにうっすらと虹が見えました。雨の気配です。

白樺湖からビーナスラインで雨の車山へ

女神湖から車山、秋のビーナスライン|ビーナスライン

女神湖から10分ほどで白樺湖です。

まだ秋の行楽が本格化してないのか人影は少なく、車山のはだかっぷりが殊更に目立ちます。

女神湖から車山、秋のビーナスライン|ビーナスライン

高山特有の、背の高い樹木が育たない、何にもないような景色。これがジワジワと感じ入ってしまうのですよね。

女神湖から車山、秋のビーナスライン|ドラマチックな風景

少し雨が降り出すような曇り空のせいか、雲と、その向こうに見える青空のコントラストがドラマチックでした。

女神湖から車山、秋のビーナスライン|

とはいえ寒さもなかなかなので、霧ヶ峰富士見台にてしばし休憩をとることにしました。

女神湖から車山、秋のビーナスライン|食事処

お店があり、その奥に小さな食事処がありました。見渡しの良い窓に囲まれたお店で、甘酒を注文。

お漬物と、高原の四季を撮った写真集が出てきました。昭和から撮り続けられたであろう写真を見ながら(なんなら色あせてるw)、天気が良いと名前通りに富士山が見えるようです。

どこまでも見渡せる山の連なりと、これから帰るであろう道先とを見ながら、甘酒のちょうど良い甘さが染み渡りました。定食やお蕎麦も美味しそうで、トイレは非常階段のような階段を降りて、久々のどっぽんでした。懐かしい。

女神湖から車山、秋のビーナスライン|

帰りのバスに乗るための、蓼科牧場バス停への道中、鹿と目が合い。じっと見つめてるので、しばらくお話してみたのでした。

RECOMMEND GOODS